IT業界にも日勤や夜勤などがあります

これまでの過酷すぎる労働条件が少しづつ見直されているIT業界において、最近では日勤や夜勤やシフト制と言うような働き方ができるようになってきています。日勤や夜勤と言う言葉を使うと、医療関係か、工場の2交代・3交代のイメージがありますね。それと同じように自分の自己管理のしやすい勤務体系で働くことができます。

日勤だけが良い人、逆に夜勤のみで働きたい人、企業側から決められたシフトで働くことが可能な人、いろんな人にとってメリットのあることだと思います。IT業界では日勤のイメージが強いですが、日勤でも毎日毎日残業続きだったら、夜勤を作って、引き継ぎで仕事を行った方が、集中力などの面から見ても、さばけた仕事ができると思います。デメリットとしてはそのぶんの人件費がかかるということですが、人間そんなに長くは集中力が続くものではないので、日勤、夜勤と言う風にしたほうが仕事の質は落ちないと思いますし、はかどると思います。

そもそも残業が多く、かなりの激務状態のIT業界でしたので、こういった日勤・夜勤・シフト制の勤務形態を導入するということは、労働条件の改善としてはとても良いことであると思います。誰も無理せず、業務が行っていければ本当に理想なのでしょうが、それは難しいことなので、少しでも一人の負担を減らして、もっと良い仕事ができるように、業界全で考え、いろんなIT企業でこの日勤制や、夜勤の導入、シフトの見直しなど行っていくべきだと思います。

ちょっと古い情報では3K、7KとIT環境が劣悪であるかのような記事が出回っていますよね。しかしITの勤務環境は刻々と良い方向に変化しつつあるのです。意外と知らない情報と言えば、IT業界で働く人はすべてプログラマだと思い込んでいる人もいます。最近は、エンジニアやプログラマ意外に、人材不足を補うための「講師」という働き方に注目が集まっているのです。

エンジニアをつくる講師の仕事!専門学校で学ぶのとは一味違うのは現場を知っているエンジニアが講師であるということでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です