社会生活に密着するIT

コンピューターによる情報システムが幅広く利用され、私たちの日常生活や、企業活動・企業経営に深く関係した社会を「情報化社会」と言います。今や、ビジネスにおいても、日常生活においても、社会全体で活用され、なくてはならないものとなっています。

それは、社会生活を送る中で、情報システムに触れる機会が多くなったからだと言えます。例えば、携帯電話でインターネットを利用したり、メール機能を使ったり、銀行のATMなども当てはまりますね。知らないうちに私たちの生活に溶け込んでいます。そのような近代の社会の事を「ユビキタス社会」と言います。コンピュたーネットワークをはじめとする様々なネットワークを誰でも、何時でも、何処でも利用できるIT社会のことです。

パソコンや、コンピュータ同士だけでなく、人と人の繋がり、人と物の繋がりなどを持てるということから、人々の社会生活は豊かなものとなりました。もともとユビキタスとはラテン語で「至る所に偏在する」という意味を持ち、IT化のおかげで、社会のいたるところにコンピュータがあり、私たちはいつでもそれを利用できるということから、ユビキタス社会やユビキタスネットワークなどという言葉が使われ始めました。またはもっと近未来風に使われることも多く、もっとネットワークが充実し、コンピュータ自体の性能も高度になっていくという意味で様々なプロジェクトも行われています。これからの社会生活がもっと豊かになるように必要不可欠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です